アニメタン

深夜アニメについて主観的に語ります。アニメのテーマ、演出、メタ考察。自作リミックス、二次創作なども公開していきます。

【2018冬アニメ】荒野のコトブキ飛行隊【18/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 荒野のコトブキ飛行隊

バンナムの次期ビッグIP?水島努監督最新作。

 

制作情報

監督:水島 努 代表作/SHIROBAKO/ガールズ&パンツァー/監獄学園
シリーズ構成:横手美智子 代表作/からかい上手の高木さん/SHIROBAKO 他多数
制作:デジタル・フロンティア&GEMBA 代表作/アニメ元受は初?映画等のCG・VFX制作大手

 


今期2本目の空戦モノ

空戦や主要キャラクターはフル3D

シェーディングなど見た目の違和感は無いものの、動きは3D感

キャラデザは良いが、ややつまらない絵になってしまっている。

でもその分、表情や動きは多いので許容範囲。

 

会話のテンポ意図的に早められてる感じがする。

慣れないと違和感というかセリフが頭に入ってこない

テンポ感はもう少し工夫してほしい。

 

航空機・戦闘に関してはめちゃくちゃ演出が細かい

出撃時の所作動作はかなり研究されてる感がある、素晴らしい考証だ。

視点ショット主翼からのアングルなど3Dをフルに生かした迫力あるリアルな絵作り

 

なにより音がスゴイ

機体の軋みプロペラ音など細かく演出されている。

最大のポイントは戦闘中にセリフがほとんどないこと。

戦闘演出を邪魔しないためだろう、おかげで空戦に見入ってしまった

まるでゲームをやっているかのような錯覚をした。

 

大抵のアニメは戦闘中くっちゃべってるけど、

このアニメは女の子が映されたカットでもしゃべらなかったりしていた。

これは素晴らしい戦闘演出だと思う、監督兼音監のこだわりを感じる。

 

主人公たちが凄腕パイロットという設定だが、その表現も上手かった

セリフ説明なしに実際にどういう操縦をするから強いのか見せるのは説得力があった

終盤の負けるシーンは空戦からキャラクターへの描写がメインになり、

こういう描写の両立が今後もできるなら素晴らしいアニメになると思う。

 

会話やギャグのテンポとキャラ3Dの動きの稚拙さ以外は文句なしのアニメ。

ストーリーにも期待したい。

 

作画4.5 脚本4 演出4.5 主観5

18/20点

【2018冬アニメ】バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~【14/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~

ブシロードアニメ。まさかのOPがバンドリ内グループ、パスパレの曲!

 

制作情報

監督:西村純二 代表作/true tears/ばくおん!! /グラスリップ/ViVid Strike! 他多数
シリーズ構成:横手美智子 代表作/からかい上手の高木さん/SHIROBAKO 他多数
制作:セブン・アークス・ピクチャーズ 代表作/魔法少女リリカルなのはシリーズ/大家さんは思春期!

 

かなり丁寧に作ってあると感じた。

泳ぎ方だったり、建物の構造だったりBGMだったり。

作画のレベルとかって話よりも、こだわりという意味で丁寧。

そのおかげで世界観かなりいい感じに思える。

キャラデザは目にクセがある。

 

脚本結構まったりしてて、まだあまり面白くはないけど、

安直なセリフやナレーション説明がないので、色々な謎を謎のまま話を進められてる。

黒い海流みたいな不気味さもあって、

何が面白いかよくわからないけど不思議と見続けてしまう感覚。

幼児向けのに思えるような演出声優の感じ含めて、

けもフレ1期感がする。

 

次回予告はあまり期待できなかったけど、ちょっと気になるアニメ。

スタッフも結構やり手が集まってるし。

もしかしたら質アニメに化けるかもしれない。

 

作画3 脚本3 演出4 主観4

14/20点

【2018冬アニメ】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【16/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

 

制作情報

監督:畠山 守 代表作/昭和元禄落語心中/ローゼンメイデン
シリーズ構成:中西やすひろ 代表作/BanG Dream! や色づく世界の明日からなどで脚本担当
制作:A-1 Pictures  代表作/ソードアート・オンライン/あの花/ここさけ/君嘘など多数

 


二人のハイスペックナルシストの男女がいかに相手に告白させるか争うギャグコメ。

相手に惚れない、嫉妬しない、好意を誤魔化そうと必死になる二人が、ほぼ脳内で相手と戦ってる。

 

わりと面白かった。ナレーションが一役かっている。

基本声優の演技押し。

 

ターン性で交互に仕掛け合うも実質引き分け、どっちもアホなんだが、天然な書記のおかげでいいバランスだった。

シュール系のギャグはあまりないので、スピード感があって濃い

そのため20分見ていると少し疲れる

だが演出かなりいい感じなので間延びせず楽しめた。

副会長がゲスじゃなくて普通の可愛いキャラを出すのが意外だった。

 

作画3.5 脚本4 演出4.5 主観4

16/20点

【2018冬アニメ】けものフレンズ2 第一話感想&評価【14/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 けものフレンズ

社会現象となったけもフレ。その後騒動が起き、全てが無に帰して始まった二期。

制作情報
監督:木村隆一 代表作/アイカツ!
シリーズ構成:ますもと たくや 代表作/ワンピースやゾンビランドサガなどで脚本担当
制作:トマソン  代表作/ふるさとめぐり 日本の昔ばなし


新しいヒトのフレンズ、キュルルが目を覚まし、サーバルや新たなフレンズと旅に出る。

サーバルたちの身体能力に驚きつつ、絵の才能を見せるキュルル。

セルリアンが大型化しより頻繁に活動しているっぽい。バトルシーンが頻発。

一期のアライ・フェネックコンビのように後を追うコンビがいる模様。

基本的に前作と同じ構成・設定だった。

 

だが、前作との違いをもうすでに多く感じた

フレンズのキャラがより人間に近くなっている。

 

そのためセリフ量が多い。もうその辺の普通のアニメと同じ感じ。

前作の演劇的な独特の演出は引き継がれなかった。

まあ監督が変わったから当たり前だけど。

会話だったりだったりは共通してる。

 

さらにサーバルちゃんが記憶喪失

何があったのか分からんけど、一回セルリアンに食べられたのか。

旅をしたこと自体は覚えてるという随分都合の良い一期の扱い方。

カドカワ許すまじ

 

まあ予算は増えたのか3Dもこなれてるけど、作画修正とかしてるのかなあ。

あんまり表情とか動きに印象がない

おおむね予想通りの出来。

もうあとはキャラクタービジネスするしかないのでは。

 

作画3.5 脚本3.5 演出3 主観4
14/20点

【2018冬アニメ】盾の勇者の成り上がり 第一話感想&評価【15.5/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 盾の勇者の成り上がり


異世界転生モノの有望株らしい。

 

制作情報
監督:阿保孝雄 代表作/NORN9 ノルン+ノネット /戦姫絶唱シンフォギア2~4期

シリーズ構成:小柳啓伍 代表作/レガリア The Three Sacred Stars/メイドインアビスなどで脚本担当

制作:キネマシトラス 代表作/灼熱の卓球娘/メイドインアビス/ 少女☆歌劇 レヴュースタァライト

 
一話が45分拡大版ということで気合を感じるが、序盤は結構キツかった

主人公以外のリアクション明らかに薄っぺらいのは伏線なのか?

流行りの死後転生ではなく、迷い込む召喚転生タイプ。

つまり帰還という命題があるゼロ使パターン。

でも半引きこもりじゃ帰る動機もないよな。

 

女は怪しすぎて裏切るのを今か今かと待ってしまった。

やり方的に金じゃなくて盾勇者を貶めるのが目的に思えた。

意外と勇者たちが黒幕だったりしそう、じゃないと全員騙されるのはアホすぎる。


速攻で仲間が全員敵になる展開までは王道だけど、その後の主人公の感情的な行動は良い、後半は面白かった

今後、波を止めるのか、他の勇者を殺すのか、どっちもありに思えるのは面白い

 

そして仲間になるのが奴隷少女

人間不信になってる主人公がどう接するか気になる

というロールも話が一番面白くできそうな感じがする。

前半みたいな安直さを無くせば良い異世界アニメになるのでは?

 


作画4 脚本3.5 演出4 主観4
15.5/20点

【2018冬アニメ】ガーリー・エアフォース【15.5/20点】


2018冬アニメの第一話評価速報 ガーリー・エアフォース

電撃文庫ライトノベルのアニメ化。空戦SFモノ。

制作情報

監督:小野勝巳 代表作/遊☆戯☆王5D's/戦姫絶唱シンフォギア2~4期
シリーズ構成:永井真吾 代表作/NEW GAME!!などで脚本担当
制作:サテライト 代表作/マクロスΔ/ログ・ホライズン一期

 

いきなり世紀末というか大惨事から始まって、防衛軍も謎の新兵器ザイフルボッコされるお約束

そこにヒロインの機体が登場し敵を倒したと思ったら不時着、パイロットの美少女はいきなり主人公慧にキスする。

ギャグじゃないのに、いきなりいったー(笑)

シリアスからの急展開、5~10年くらい前に流行ってた、懐かしい感じがするw

 

そして慧たちは中国から日本に亡命?したらしい。

慧はザイへの仇を晴らしたがっている。

幼馴染?の明華は姉のように振舞うがヒロイン感十分

薄っぺらくないウザめの幼馴染感がありつつ、弱さも見せる自衛隊基地前でのやり取りはなかなか良かった

この二人の会話の脚本素晴らしかった

 

そしてキスしたヒロインはAIのようだが可愛い、これまたやや古い感じ絵と設定

「ステルス」という洋画を思い出したw

あと二人ヒロイン?が追加されるのかな。

 

ギャグコメディ感の薄い純粋めのハーレム系ラブストーリーが期待できそう。

展開がポンポン進み、引きのあるシーンを織り交ぜて絶対飽きないような工夫がされており、
一話としては完成度が高かったと思う。

 


作画3.5 脚本4.5 演出3.5 主観4

15/20点

【2018冬アニメ】えんどろ~! 第一話感想&評価【14/20点】

2018冬アニメの第一話評価速報 えんどろ~!

めちゃくちゃ期待できそうな制作陣。日常系アニオリの名作なるか。

制作情報

監督:かおり 代表作/ゆゆ式/ミイラの飼い方
シリーズ構成:あおしまたかし 代表作/みなみけ/みつどもえ/ゆるゆり/レーカン!/干物妹!うまるちゃん/ガヴリールドロップアウト/うちのメイドがウザすぎる! 他多数
キャラクター原案:なもり キャラクターデザイン:飯塚晴子 代表作/変態王子と笑わない猫。/がっこうぐらし! 他多数
制作:Studio五組 代表作/ハロー!!きんいろモザイク/結城友奈は勇者である/となりの吸血鬼さん 他多数

 

 

あおしまたかしなもり飯塚晴子など、日常系のたちがスタッフに集まってる作品。

視聴前の期待度今期ダントツで高い

 

主人公たちが魔王を倒すシーンから始まって、いきなりエンドロールという演出。

おそらく禁断の技を使ったのでリセットか巻き戻しみたいなことが起きて、主人公たちが一から冒険者を目指す感じになる。

教師として来たのが、倒し損ねた魔王の弱体化ロリ

 

日常系っぽさを出す割にはストーリーはファンタジーなのでまったり感はあまりない。

キャラデザは良いし声優も悪くない。

だがキャラは薄いテンプレ感

 

そして脚本にメリハリがない

ファンタジーの戦闘はギャグかシリアスが必須だが、それがない。

ダンジョンで痛い目に合うみたいな描写も中途半端

すぐ泣いたり、キャラの行動が安直

 

正直、第一話はかなり期待外れ

作画のこだわりは感じるが、新鮮味はないし、

もう少し方向性を固めないと要素が薄すぎて見ていられない。

第2話が素晴らしい出来だと信じて甘めの評価をするが…

 

作画4 脚本3 演出3 主観4

14/20点