アニメタン

深夜アニメについて主観的に語ります。アニメのテーマ、演出、メタ考察。自作リミックス、二次創作なども公開していきます。

URAHARAというアニメ

 

久しぶりの投稿、アニメ自体最近全然見れてないですが、たまたま機会があって見た2017秋アニメのURAHARAというアニメについて評価・考察します。

 

ネタばれ含むので最終話まで見ていないで、今後見るかもしれない方は見ないでください。

 

このアニメはクランチロールという海外のネットアニメチャンネルが噛んでるアニメで、クールジャパン的な施策のアニメのようです。

舞台は原宿で、とあるショップでそれぞれ服飾・イラスト・スイーツその他をクリエイトする三人の少女の葛藤を描いています。

一応人間関係的な青春も描かれますが、メインはクリエイターとしての葛藤です。

私が感じた主なテーマは以下の4つです。

 

①創造とは何か(=文化とは何か)

②創造の目的は何か

③薬物とアート

④仮想と現実

 

大体上から順に描かれていると思います。それぞれ考察していきます。

 

①創造とは何か(=文化とは何か)

この作品において、原宿は文化をクリエイトする人たちの町として描かれます。

その街にやってくるスクーパーズは創造が出来ない生物です。主人公たちは徐々にスクーパーズ化されていることを知ると、ある疑問を抱きます。

創造とは何かということです。

彼女たちは日々作品を作っていたり知識を深めたりしてきましたが、果たしてそこにオリジナリティはあるのか、結局は何かのマネではないのか、そう思うのです。

たしかにこれは難しい問題です。完璧なオリジナリティだと思っても、必ず深層心理で何かの影響を受けています。知識というのも、基本的に、だれか専門の人間が発見したりしたことの借りものです。私たちが「借り物なし」にクリエイトすることはできません。

しかし、「借り物からなるクリエイト」と、いわゆる「パクリ」には明確に差があるとこの作品は訴えています。それを説明するのが文化です。

文化というのは共同体における関係性です。やりとりです。たとえ作品が何かに似ていたり、流行といったものであっても、作る人、受け取る人の間に「好き」を伴うやりとりがあり、その関係性が作品・創作をより良くしていくのです。原宿はそれがある街だと描かれいてます。

しかし、ここに問題点が新たに生まれます。「やりとり」と「好き」によってクリエイトが成り立つなら、果たして創造は孤独な人間に成り立つのでしょうか。この問題に主人公のリトはぶつかりますが、詳しくは次の項で書きます。

 

②創造の目的は何か

この作品の3人は創作による喜びを、「誰かに見てもらえて褒められた時」に感じています。つまり「誰かに褒められないと創作に意味はない」というテーゼです。3人はそれぞれ、その「誰か」が違います。リトは今まで誰にもほめてもらえなかったので「誰でもいい誰か」ですが、仲間を求めています。マリは承認欲求が強く「できるだけ多くの誰か」です。コトコはフォロワーはいるものの、過去の体験やトラウマのせいで、「自分の人間性を理解してくれる誰か」です、そして創作内容自体にはあまり興味がないです。

一方でクレープ屋のさゆみんの活動は創作とは少し違うかもしれませんが、「自分が好きなものを作れる」「相手が笑顔になる」ことに喜びを感じています。ポイントなのが無料で配るという点です。「対価」を受け取らないということは、「評価」を受け取らないことを意味します。これは「好きなようにやらないと創作に意味はない」というアンチテーゼです。

この、何に喜びを感じるか問題は、結構大事です。ここで大事なのは、創作は芸術ではないということです。なので、作品内にはいませんでしたが、お金儲けのためという人も現実にはいますが、立派な理由です。

そして、三人ともPARKでの創作が自己目的化していきます。他人に評価されたいと同時に、自分の好きを表現したい。それはつまり、自己実現です。創作においてこの「自己実現」をするというのが止揚として描かれています。リトは孤独な環境から褒められることを知り、好きなものを書くということを知るのです。

 

③薬物とアート

個人的には、このアニメを見ていて一番「あ~」と勝手に勘ぐって感心してしまったのが、「スクーパーズを倒したときに出るスイーツ」です。

このスイーツ、実は少女たちをスクーパーズ化するもので、このスイーツのおかげで少女たちは具現化のパワーを得ることができていたのです。

・・・ん?

スクーパーズという「創造性のないもの」を倒すと「創造性の力」得ることができる、これは納得できます。

しかし、それによって徐々にスクーパーズ化する=創造性がなくなるのです。

いわゆる一瞬だけ力を得る系のクスリな訳です・・・

 

そして、このスイーツを食べ続けた主人公たちは、錯乱していきます。気持ちのいい言葉しか聞こえなくなり、幻覚や幻聴が聞こえ、暴走し、体は醜くなっていくのです。

もうこの時点で、薬物のメタファーであることは明らかです。街自体妄想であったことにも気づきませんでしたし、スイーツを多量に摂取したシーンでさゆみんが巨大化して見える様子は、モロ薬物描写です。

クリエイター、とくにアーティストと薬物の関係は切っても切れません。実際の数多くの名作品・名曲が薬物によって生み出されたといえます。薬物が常人にはできない発想を可能にするのは否めません。このアニメでも実際に力を得ていました。しかし、アーティストの薬物疑惑が発覚したかのごとく、突然視聴者は彼女たちのスイーツの事実を知らされ地獄に突き落とされます。この描写の仕方は感心しました。

 

④仮想と現実

物語で描かれてきた原宿はすべて妄想でした。主人公たちは憤慨し、創作は現実世界に存在し、リアルに接続しなければならないといいます。ここには2つの意味があるように思えました。

1つは創作はカタチにしなければならないということ。頭の中にあるだけではダメなんだという主張です。創作を発想と表現という過程に分けたとき、表現が大事だという考え方ですが、これは現代の大量消費社会における、記号的なコンテンツに対する警鐘のようにも思えます。「~要素」ばかり注目して詰め込んで、肝心の描写が薄い作品に対して、描写にもっと力をいれろというメッセージです。

もう一つはリアル=日常に、意思とは別に、独立して、無為自然に作品が存在するべきという主張です。つまり、作り手の手を離れて、公然と受け取られるべきということです。作品は作品単体として、どんな批判も受け入れるべきだというメッセージを感じます。作品を妄想してもいいが、見る人、見られる環境、評価までも妄想してはいけないということです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

アニメ自体の評価は、やや後半の構成が余ったことや作画など総合にみて、そんなに高くはないですが、描いた世界観は良かったと思います。脚本がもう少し良かったらなあと少し残念です。

個人的には海外の方にどう見られたのかが気になりますね・・・

 

 

 

2017夏アニメ評価 名作あり!!

ようこそ実力至上主義の教室へ 16点
作画4
脚本4
演出4
主観4
設定、キャラも文句なく、話の進み・演出も先が読めなくて面白かった。だがキャラそろぞれの掘り下げ、具体的な描写がほとんどされずにいたのが残念、後半のドキドキ感も、キャラが読めないために何をするかわからないといったことから来るもので、終始それに終わってしまっているのがマイナスポイント。


NEW GAME!! 20点
作画5
脚本5
演出5
主観5
素晴らしいアニメでした。SHIROBAKOに並ぶ名作。一期も良かったがそれを超える出来だった。メリハリがあって、シリアスも十分だけど、基本ゆるい感じで見やすい。新キャラも良かった。満点を出せるアニメ。
6話の青葉が涙を拭うシーン、鳥肌モノの作画でした。


アクションヒロイン チアフルーツ 18点
作画3
脚本5
演出5
主観5


メイドインアビス 18点
作画4
脚本5
演出5
主観4
見ごたえがある割には印象が薄いかもしれない、絵も話もあと少し厚さがあると良かった。たぶん13話では足りなかったんだと思う。
6話以降はとても良かった。ミーティの話は悲しすぎる。なんだか最後まで救いのない話だった。演出も相まって13話は涙腺緩むのは必至。続きも気になるので2期に期待している。

 

プリンセス・プリンシパル 20点
作画5
脚本5
演出5
主観5

めっちゃおもしろかった。世界観をちゃんと書きつつ、美少女要素あり、感動要素ありの素晴らしいシナリオでした。時系列をバラバラに放送するハルヒ形式だったけど、そんなに分かりにくくなくて良かった。2期ありそうな終わり方なので期待してます!!

 

天使の3P! 14点
作画3
脚本4
演出3
主観4
変態アニメ、心情描写が無駄に入っているのが笑える。まあ幼女つよいということで、いちいち突っ込む気もないが、タイトルで3Pというのにどう聞いてもバッキングギターがいる4人編成であるはずの演奏をライブでやるのはどうなんだ・・・

 

異世界はスマートフォンとともに。 10点
作画3
脚本2
演出2
主観3
ゴミアニメといえるが、クソゲーにはクソゲーの楽しみ方があるように、この作品も割り切ってみればおもしろくなくはない。


ゲーマーズ! 14点
作画3
脚本3
演出4
主観4
最初のほうは喜劇的なすれ違いなのだが、ずっと同じ展開なので飽きるといったら飽きる。とくに無理のあるセリフが多いので、その辺アニメより原作のが楽しみやすいのではないか。

 

 

「アクションヒロイン チアフルーツ」第2話の感想・評価!

 

ダークホース」「完璧な第1話」「ろこどる2期

などと密かに話題になっている2017夏アニメ、

 

アクションヒロイン チアフルーツですが、

 

その期待高まる中、第2話が放送されました。

今回も感想と評価を書きます!

 

一話の感想はこちら!

japananimestudy.hatenablog.com

 

 

 

続きを読む

「アクションヒロイン チアフルーツ」の第1話を斬るッ!【2017夏アニメ】

 

2話感想書きました!

japananimestudy.hatenablog.com

 

 

 

さて、今期アニメの覇権候補として名高い「アクションヒロイン チアフルーツ」だが、今回は第一話を詳しく振り返りその魅力を考える。

 

ネタバレ等含むので未視聴の方はご注意ください。

 

  • 制作情報
  • 第一話のおさらい・解説
    • ファーストシーン
    • Aパート
    • Bパート
  • 第一話から考えるチアフルーツの魅力

  

続きを読む

2017夏アニメ第1話の感想と評価!

 

適当に見た一話のレビューするよ! 20点満点。

 

現時点で必見のアニメはこれ!!

 

→第一話紹介・考察記事書きました!

japananimestudy.hatenablog.com

 

 

  • NEWGAME‼ 19点

 

 

今期の話題作!

 

 

 

コメントにて今期おすすめアニメ募集中!頂いたコメントは記事中に引用紹介します!

 

【7/14 更新】

 

 

 

続きを読む

2017年春アニメ評価 終盤失速したアニメ多い・・・名作なし!

うーん、平均して駄作は少なかったけど名作もなかったなあ

2017春平均 14.3点

 

【最終更新日 7/4】

続きを読む

けものフレンズ考察 たつき監督のとった手法

 第1話放送時からあった「このアニメは何かおかしい。」というオーラ

 

続きを読む